ダイエットってどうすればいいの |鍵はカロリー計算にあり

ダイエットってなんでしょう?

辞書で調べると、食事制限だのなんだの色々書いていますが、手っ取り早く言うとダイエットはやせること、それに間違いはないでしょう。
ではどうやったら痩せるでしょう。
それが一番の問題だと思います。
ダイエットの呼ばれるものはたくさんあります。
食事制限ダイエットと言われると何となくイメージがわきますが。炭水化物抜きダイエット、バナナダイエット、などと聞くと具体的に何をどうするのかわからない方が多いのではないでしょうか。
また、食事に関するものだけでなく、風船ダイエット、ウォーキング、ジョギングなど、運動も立派なダイエット法ではないでしょうか。

なぜ人間は太るのか|ダイエット前に知っておこう

あなたがどのダイエットを選ぼうか考える前に、なせ人間は太る?、どうしたら痩せる?を理解しておく必要があります。
なぜ太るのか?それは人間の本能だからです。
人間は生命を維持するという本能があります。その本能が、体の中に栄養をため込み、太ることにより食べる物がなくなっても生きていけるようにしているのです。
ある意味「太る」ことは幸せなのかもしれませんが、問題なのは「太りすぎ」。
「太りすぎ」になると健康が脅かされ、命が短くなることが多くなります。

痩せる方法は簡単|消費カロリーを摂取カロリーより多くすればいい

ではどうすれば痩せるか?を話したいと思います。
太る、痩せるは簡単な算数です。
人間は生きていくためにカロリーを消費します。そして消費したカロリーを補うために食事をします。
食べたカロリーから生きるために消費したカロリーを引いた答えがプラスなら太る、マイナスなら痩せる、これが答えです。
例えば今日食べたものすべての食事のカロリーが2000キロカロリー、
今日の心臓を動かす、呼吸するも含めて体が使ったすべてカロリーが1500キロカロリーとすると。
体の中に500キロカロリ分が蓄えられることになりますね。
体重1キロは約7200キロカロリーに値します。
毎日体の中に500キロカロリー貯めていくと約2週間で体重は1キロ増える計算になります。

痩せるためのカロリー計算

では逆に体重を減らすには、食べる量より消費する量を500キロカロリー増やせば、2週間で1キロ痩せられます。
具体的には、今、体重の変化がないとすると、食べた量=使った量。
食べる量を300キロカリー減らすことと、運動を200キロカロリー分することを毎日行えは2週間で1キロ痩せるのです。
1日にチョコレート1枚我慢して、30分ジョギングすればこれくらい痩せるでしょう。